Kavoタービン交換部品

歯科用タービンは、近代的な歯科診療の武器として重要な役割を担っています。この記事では、歯科用タービンを構成する部品の複雑な詳細について掘り下げていきます。  高性能KaVoタービンローター高度な技術と精度をシームレスに融合させ、歯科治療の効率と実用性を高める装置。

交換用タービンローター

タービンローターの構造と特性

Rは置換ロータータービン は、高速歯科用タービンの主要部品で、毎分450,000回転もの速度でバーの回転を駆動する役割を担っています。この部品は交換可能であり、長期にわたってタービンの機能を維持するために重要な役割を果たしています。精密に設計されたローターは、タービン全体の性能に重要な役割を果たしています。

オリジナルコード品番を検索する場合 カボ GENTLEforce® 6000 / 6000B は、メーカー純正品番コード 1.001.3888 です。

シームレスな回転により、歯科治療がスムーズに行われます。ドイツ製セラミックベアリングで組み立てられた高品質の交換用ローターは、長寿命、快適性、精度を提供することが不可欠です。MYONICのドイツ製セラミックベアリングで組み立てられたローターは、静かで快適であり、歯科医師と患者の両方に利益をもたらします。

Kavoタービン用プレミアム品質のローターをオンラインショップでお買い求めください。MYONIC(Kavoオリジナルベアリング)で組み立てられています。

(4) 98,16  消費税別
(2) 106,35  消費税別
(2) 98,16  消費税別
(4) 98,16  消費税別
(1) 98,16  消費税別
(1) 135,25  消費税別
New
(1) 135,25  消費税別
(4) 98,16  消費税別
98,16  消費税別

プレスボタン(バックキャップ)

歯科用高速タービンのプッシュボタン 歯科用インスツルメンテーションの領域において、プッシュボタンは高速タービンの重要なコンポーネントとして際立っており、様々な歯科処置の効率と容易さを大幅に向上させます。ここでは、プッシュボタンの多面的な機能、特にバーの挿入と抜去を簡素化する上で極めて重要な役割を果たすプッシュボタンについてご紹介します。

カボタービン用プレスボタン

容易なバーの抜き差し: プッシュボタンの機能の核心は、バーの挿入と抜去のプロセスを合理化する役割です。プッシュボタンを押すだけで、歯科医師は最小限の労力で素早くバーを出し入れできます。このシームレスな互換性は、異なる手順でバーを迅速に交換する必要がある動的な歯科環境で非常に貴重です。

多様な治療のための迅速な互換性: プッシュボタンは、バーの迅速な交換を容易にすることで、歯科医療従事者がさまざまな治療のユニークな要件に迅速に適応できるようにします。切削、研磨、その他の歯科処置のいずれを切り替えても、プッシュボタンがシームレスな移行を可能にし、最終的に貴重な時間を節約し、全体的なワークフロー効率を向上させます。Kavoの互換性のあるプレスボタンは、品質に妥協することなく、当店でお買い求めください。

39,92  消費税別
(2) 39,92  消費税別

Oリング

Oリングはシールの役割を果たし、タービンの気密性を確保します。戦略的に配置されたOリングは空気漏れを防ぎ、安定した気流と安定したバー回転を維持することでタービンの性能を守り、動きを最小限に抑え、歯科医師による歯科器具の正確なワークフローに貢献します。

歯科用タービンのOリングは、スペアパーツとして、タービンアセンブリのシールと完全性の維持に関連する重要な機能を果たします。歯科用タービンのOリングの主な機能は以下の通りです:

  1. 気密性の高いシーリング: Oリングは、歯科用タービンのさまざまなコンポーネント間に確実で気密性の高いシールを形成するように設計されています。このシール機能は、タービンシステム内の空気漏れを防ぐために非常に重要です。
  2. 汚染物質から身を守る: Oリングは、ほこり、破片、液体などの汚染物質からタービンの内部コンポーネントを保護するのに役立ちます。シールを作ることで、タービンの重要な部分に異物が入り込み、タービンの性能に影響を与えるリスクを最小限に抑えます。
  3. 気流の維持: 歯科用タービンでは、適切な機能を発揮するために、安定した制御された気流を維持することが不可欠です。Oリングは、空気がタービンシステム内を意図した通りに流れるようにし、装置の効率に貢献する役割を果たします。
  4. 潤滑油の漏れを防ぐ: 歯科用タービンは、可動部のスムーズな回転を促進するために潤滑剤を使用することが多い。Oリングは潤滑剤の漏れを防ぎ、タービン内に適切な量が保持されるようにして摩擦と摩耗を減らします。
  5. 振動と騒音の低減: 適切に密閉されたOリングは、歯科用タービンの運転中の振動や騒音の低減に貢献します。これは、歯科医師と患者の両方の快適性を高めるために特に重要です。
  6. 長寿を増進する: Oリングは、効果的なシールと保護を提供することで、歯科用タービンの寿命と耐久性に貢献します。内部コンポーネントの摩耗や損傷を最小限に抑え、装置の長寿命を保証します。
  7. スムーズな回転を可能にする: Oリングは、タービンの構成部品のスムーズな回転を促進する役割を果たします。摩擦を減らし、適切なアライメントを維持することで、装置全体の性能向上に貢献しています。

Oリングは通常、ゴムやシリコンなどの耐久性と柔軟性のある材料で作られているため、タービンシステム内の動きや圧力の変化に対応しながら効果的なシールを作ることができることに注意することが重要です。スペアパーツとしてOリングを検討する場合は、互換性と最適な性能を確保するために、タービンのメーカーが推奨または提供するものを使用することをお勧めします。

ワッシャー

歯科用タービンの場合、ワッシャーは通常、タービンアセンブリ内で様々な機能を果たす小型で平らな、そして多くの場合丸い部品を指す。これらのワッシャーは、一般的にベアリングシステムの一部として使用され、回転部品を支持し、スムーズな動きを実現します。ここでは、歯科用タービンにおけるワッシャーの機能をいくつか紹介します:

  1. ベアリング・サポート: ワッシャは、タービンアセンブリのロータと他の部品などの回転部品の間に配置されることがよくあります。摩擦を減らし、適切なアライメントとスムーズな回転を確保するためのサポートを提供します。
  2. 負荷分散: ワッシャーは、荷重や力を表面全体に均等に分散させ、異なるコンポーネント間の直接接触を防ぎます。これにより、摩耗や損傷を最小限に抑え、タービンの寿命を延ばすことができます。
  3. 振動減衰: 高速の歯科用タービンでは、振動を最小限に抑えることが、タービンの性能と歯科医師と患者の快適性の両方にとって重要です。ワッシャーは振動を和らげ、よりスムーズな運転に貢献します。
  4. アライメント ワッシャーは、可動部品間の適切なアライメントを維持する役割を果たします。摩擦、熱、騒音などの問題につながるミスアライメントを防止し、タービンアセンブリの全体的な安定性に貢献します。
  5. シーリング: ワッシャーの中には、タービンの重要な部分へのほこりや破片などの汚染物質の侵入を防ぐシール機能を果たすものもあります。これは、タービンの精度と機能を長期にわたって維持するために重要です。
  6. 調整だ: ウォッシャーは、タービンアセンブリ内の特定のコンポーネントを微調整または調整するために使用することができます。これは、性能を最適化し、運転中に発生する可能性のある変動に対処するために非常に重要です。

洗浄器の具体的な設計や配置は、歯科用タービンのモデルやメーカーによって異なる場合があることに注意することが重要です。ワッシャーを含む歯科用タービンのスペアパーツを検討する際には、タービンシステム内での互換性と適切な機能を確保するために、メーカーのガイドラインと仕様を参照することをお勧めします。

Kavoタービン用鋼製波型ワッシャー:

  • Kavo 6000b用フロント波型ワッシャー オリジナル部品番号: 1.003.7576
  • リアウェーブワッシャー Kavo 6000b オリジナル部品番号: 1.003.5900

タービン用光ファイバーロッド

光ファイバーロッドは、多くの最新の歯科用タービンの特徴です。光源からバーの先端まで光を伝達し、処置中の最適な視認性を確保します。光ファイバーロッドは、作業領域を正確に照らし、歯科医師がより明瞭に処置を行うことを可能にする技術的進歩を表しています。LEDの高度な技術とその明るさ、そして小型化により、歯科用タービンのヘッドにLED技術を導入することが普及し、最新の高速ハンドピースの技術として、旧式の光ファイバーロッドを排除しています。

LEDおよびキセノンバルブ

照明技術は歯科用タービンの重要な要素です。LED電球とキセノン電球は、明るくクリアな照明を提供し、視認性を向上させ、歯科医師が正確に処置を実行できるようにします。LED電球とキセノン電球の選択は、歯科医師の好みに応じてカスタマイズでき、多様な歯科処置に一貫した信頼性の高い照明を提供します。

Kavo GENTLEforce® 6000/6000B のスペアパーツをストックしておくことは、ダウンタイムを最小限に抑える積極的な対策であり、歯科医療従事者が予期せぬ問題に迅速に対処し、ワークフローを中断することなく、歯科用高速タービンの修理費用を最小限に抑えることを可能にします。

サービス/リペアキー

サービス/リペアキーは、歯科用タービンのバックキャップを開けるために必要です。主に修理目的で使用され、タービンローターの交換に不可欠です。このレンチを購入すると、Kavo 6000Bデンタルタービンの交換用ローターを自分で交換することができます。通常、タービンローターの交換は難しくなく、Oリングとワッシャーの付いたローターの取り出しから、ヘッドへの注油と洗浄、Oリング、ワッシャー、タービンローターの挿入まで、最大7分で完了します。

Oリング

Oリングはシールの役割を果たし、タービンの気密性を確保します。戦略的に配置されたOリングは空気漏れを防ぎ、安定した気流と安定したバー回転を維持することでタービンの性能を守り、動きを最小限に抑え、歯科医師による歯科器具の正確なワークフローに貢献します。

歯科用タービンのOリングは、スペアパーツとして、タービンアセンブリのシールと完全性の維持に関連する重要な機能を果たします。歯科用タービンのOリングの主な機能は以下の通りです:

  1. 気密性の高いシーリング: Oリングは、歯科用タービンのさまざまなコンポーネント間に確実で気密性の高いシールを形成するように設計されています。このシール機能は、タービンシステム内の空気漏れを防ぐために非常に重要です。
  2. 汚染物質から身を守る: Oリングは、ほこり、破片、液体などの汚染物質からタービンの内部コンポーネントを保護するのに役立ちます。シールを作ることで、タービンの重要な部分に異物が入り込み、タービンの性能に影響を与えるリスクを最小限に抑えます。
  3. 気流の維持: 歯科用タービンでは、適切な機能を発揮するために、安定した制御された気流を維持することが不可欠です。Oリングは、空気がタービンシステム内を意図した通りに流れるようにし、装置の効率に貢献する役割を果たします。
  4. 潤滑油の漏れを防ぐ: 歯科用タービンは、可動部のスムーズな回転を促進するために潤滑剤を使用することが多い。Oリングは潤滑剤の漏れを防ぎ、タービン内に適切な量が保持されるようにして摩擦と摩耗を減らします。
  5. 振動と騒音の低減: 適切に密閉されたOリングは、歯科用タービンの運転中の振動や騒音の低減に貢献します。これは、歯科医師と患者の両方の快適性を高めるために特に重要です。
  6. 長寿を増進する: Oリングは、効果的なシールと保護を提供することで、歯科用タービンの寿命と耐久性に貢献します。内部コンポーネントの摩耗や損傷を最小限に抑え、装置の長寿命を保証します。
  7. スムーズな回転を可能にする: Oリングは、タービンの構成部品のスムーズな回転を促進する役割を果たします。摩擦を減らし、適切なアライメントを維持することで、装置全体の性能向上に貢献しています。

Oリングは通常、ゴムやシリコンなどの耐久性と柔軟性のある材料で作られているため、タービンシステム内の動きや圧力の変化に対応しながら効果的なシールを作ることができることに注意することが重要です。スペアパーツとしてOリングを検討する場合は、互換性と最適な性能を確保するために、タービンのメーカーが推奨または提供するものを使用することをお勧めします。

オリジナル KaVo 6000B O リングの品番コード コード 0.200.6172

波型ワッシャー

歯科用タービンの場合、ワッシャーは通常、タービンアセンブリ内で様々な機能を果たす小型で平らな、そして多くの場合丸い部品を指す。これらのワッシャーは、一般的にベアリングシステムの一部として使用され、回転部品を支持し、スムーズな動きを実現します。ここでは、歯科用タービンにおけるワッシャーの機能をいくつか紹介します:

  1. ベアリング・サポート: ワッシャは、タービンアセンブリのロータと他の部品などの回転部品の間に配置されることがよくあります。摩擦を減らし、適切なアライメントとスムーズな回転を確保するためのサポートを提供します。
  2. 負荷分散: ワッシャーは、荷重や力を表面全体に均等に分散させ、異なるコンポーネント間の直接接触を防ぎます。これにより、摩耗や損傷を最小限に抑え、タービンの寿命を延ばすことができます。
  3. 振動減衰: 高速の歯科用タービンでは、振動を最小限に抑えることが、タービンの性能と歯科医師と患者の快適性の両方にとって重要です。ワッシャーは振動を和らげ、よりスムーズな運転に貢献します。
  4. アライメント ワッシャーは、可動部品間の適切なアライメントを維持する役割を果たします。摩擦、熱、騒音などの問題につながるミスアライメントを防止し、タービンアセンブリの全体的な安定性に貢献します。
  5. シーリング: ワッシャーの中には、タービンの重要な部分へのほこりや破片などの汚染物質の侵入を防ぐシール機能を果たすものもあります。これは、タービンの精度と機能を長期にわたって維持するために重要です。
  6. 調整だ: ウォッシャーは、タービンアセンブリ内の特定のコンポーネントを微調整または調整するために使用することができます。これは、性能を最適化し、運転中に発生する可能性のある変動に対処するために非常に重要です。

洗浄器の具体的な設計や配置は、歯科用タービンのモデルやメーカーによって異なる場合があることに注意することが重要です。ワッシャーを含む歯科用タービンのスペアパーツを検討する際には、タービンシステム内での互換性と適切な機能を確保するために、メーカーのガイドラインと仕様を参照することをお勧めします。

Kavo GENTLEforce® 6000Bで使用されているワッシャーの純正部品数は以下のとおりです:

  • フロント波型ワッシャー オリジナル品番:1.003.7576
  • リア波型ワッシャー オリジナル品番:1.003.5900

光ファイバー棒

光ファイバーロッドは、多くの最新の歯科用タービンの特徴です。光源からバーの先端まで光を伝達し、処置中の最適な視認性を確保します。光ファイバーロッドは、作業領域を正確に照らし、歯科医師がより明瞭に処置を行うことを可能にする技術的進歩を表しています。LEDの高度な技術とその明るさ、そして小型化により、歯科用タービンのヘッドにLED技術を導入することが普及し、最新の高速ハンドピースの技術として、旧式の光ファイバーロッドを排除しています。

LEDおよびキセノンバルブ

照明技術は歯科用タービンの重要な要素です。LED電球とキセノン電球は、明るくクリアな照明を提供し、視認性を向上させ、歯科医師が正確に処置を実行できるようにします。LED電球とキセノン電球の選択は、歯科医師の好みに応じてカスタマイズでき、多様な歯科処置に一貫した信頼性の高い照明を提供します。

Kavo GENTLEforce® 6000/6000B のスペアパーツをストックしておくことは、ダウンタイムを最小限に抑える積極的な対策であり、歯科医療従事者が予期せぬ問題に迅速に対処し、ワークフローを中断することなく、歯科用高速タービンの修理費用を最小限に抑えることを可能にします。

サービス/リペアキー

サービス/リペアキーは、歯科用タービンのバックキャップを開けるために必要です。主に修理目的で使用され、タービンローターの交換に不可欠です。このレンチを購入すると、Kavo 6000Bデンタルタービンの交換用ローターを自分で交換することができます。通常、タービンローターの交換は難しくなく、Oリングとワッシャーの付いたローターの取り出しから、ヘッドへの注油と洗浄、Oリング、ワッシャー、タービンローターの挿入まで、最大7分で完了します。

KaVoタービンキー

KAVO®タービンの鍵

24,39  消費税別

(3) 204,88  消費税別

よくある質問 - KaVo交換部品について

タービン交換部品は、Kavoハンドピースの消耗または故障したタービンを交換し、最適な性能を回復するために設計された精密工学部品です。


性能の低下、異音、摩耗の兆候に気づいたら、Kavoタービンの交換を検討してください。定期的なメンテナンスは、交換の必要性を特定するのにも役立ちます。


Kavoの交換部品は、特定のKavoハンドピース・モデル用に設計されており、シームレスな互換性と最適な性能を保証します。部品は、メーカーの純正部品番号またはハンドピースのモデルに従って選択する必要があります。


Kavoの歯科用タービンの多くは、歯科技工所内で交換することができ、キャップレンチだけが必要です。私たちのブログでは 代替タービンプロセス.

しかし、いくつかのへこみや歯科ハンドピースのヘッドに気づいた場合は、歯科専門家にタービン交換を依頼するか、製品マニュアルに記載されているガイドラインに従って適切な取り付けを行うことをお勧めします。


Kavoタービンは、メーカーの推奨に従って、または定期メンテナンス時に定期的に注油することで、スムーズな運転と寿命の延長を実現します。

しかし、私たちは歯科の専門家としてアドバイスする。 ハンドピース部品 1~3時間の作業後に注油してください。そうすることで、ライフタービンを通常よりずっと長く保つことができる。


タービン交換部品は、回転速度、トルク、全体的な性能を向上させ、歯科治療中の精度向上に貢献します。


メーカーは、最適な互換性、性能、品質基準の遵守を保証するため、純正タービン交換部品の使用を推奨しています。しかし、10年以上の経験に基づき、オリジナルKAVOベアリング(MYONIC社製)と組み合わされた弊社供給部品はすべて、その効率が実証されています。KAVOの純正部品とDENTAL ROTORS社の互換部品にはほとんど違いがありません。


歯科用タービン交換の寿命は、使用状況、メンテナンス、特定のモデルによって異なります。定期的に性能を監視し、効率が低下した場合は交換を検討してください。1~3時間の作業後に注油し、1日1回はブラシでチャックを清掃し、チャックを傷つけ寿命を縮める歯の粉や唾液を除去することをお勧めします。


はい、Kavoはさまざまな速度オプションの交換用タービンを提供しており、さまざまな歯科処置や好みに対応しています。


Kavo交換部品は通常、正規販売店や代理店を通じて入手できますが、エンドユーザーへの直接販売は行っていません。入手可能かどうかについては、公式チャネルを確認してください。ただし、互換性のあるパーツを半額で購入できるチャンスはあり、多くの場合、品質や特性は同様です。


製品マニュアルに記載されている洗浄ガイドラインに従ってください。通常、非腐食性の消毒剤を使用し、再組み立ての前に十分に乾燥させてください。

タービンのメンテナンスに関するブログ記事をお読みください。


Kavoの高速部品と低速部品は、動作原理がまったく異なる異なる種類の部品であるため、互換性はありません。

歯科用タービンは空気圧で駆動し、タービンローターのみがバーを回転させます。低速ハンドピースでは、中間シャフトと機械的に連結された他のコンポーネントにリンクされたヘッドギアによって、バーが機械的に駆動されます。動力/回転源は可変で、電気または空気マイクロモーターで調整できます。通常、低速ハンドピースはトルクが高く、機械的に駆動されるため、歯科処置中に回転をよりコントロールできます。


オリジナルのKAVOタービンローターは、MYONIC Manufacturing社のアンギュラセラミック玉軸受で組み立てられています。これらは市場で最高の高速ミニベアリングで、高負荷圧に耐え、最高450,000回転/分まで回転させることができます。

修理から戻ってきたタービンのノイズレベルが高い場合は、ベアリングの品質が低いか、セラミックではなくスチールベアリングで組み立てられている可能性があります。セラミックベアリングは低騒音で長寿命ですが、高級潤滑油の使用や1~3時間の作業後の注油など、より慎重なメンテナンスが必要です。


はい、定期的な潤滑、清掃、点検など、製品マニュアルに記載されているメンテナンスガイドラインを遵守し、最適な性能を確保してください。


ご使用のKavoタービン交換用モデルおよびハンドピースタイプに固有の説明書に従い、正しい取り付けと互換性を確認してください。

を実行する方法については、ユーザーガイドを参照してください。 ハンドピースタービンのDIY交換 あなたのデンタルスタジオで。


はい、Kavo タービンは汎用性が高く、前歯部や後歯部の修復を含むさまざまな歯科処置に使用できます。


設置および潤滑が適切であることを確認してください。異音が続く場合は、製品マニュアルを参照するか、Kavoのカスタマーサポートにお問い合わせください。

ハンドピースタービンのノイズの原因を確認するために、ハンドピースを修理サービスにお返しください。


Kavoでは、修理工場でハンドピースを修理された場合、カスタマーサービスを通じてテクニカルサポートを提供しています。適切な設置方法、トラブルシューティング、または関連するご質問については、お気軽にお問い合わせください。

当店の専門家によるテクニカルサポートは、当店または当店のブログから受けることができます。オンラインチャットまたはお問い合わせフォームからご連絡ください。