歯科用ハンドピースタービンの簡単な交換方法

シロナ社製ハンドピースのローター交換(t2ライン

歯科用ハンドピースタービンの交換

タービンローターの交換方法をステップ・バイ・ステップで解説 

歯科医師は、自前の器具を修理するための高額な費用に苦労しており、最も重要で日常的に使用する器具のひとつが歯科用タービンである。

実際、歯科用タービンの修理は思っているほど難しくはありません。

タービンローターの交換に必要な機器は何ですか?

歯科用タービンの修理のうち98%では、余分なものは必要ありません。 用具.レンチが必要です。 交換ローター 残りの器具(ピンセット、デンタル・エクスプローラー、コットン・スティックやコットン・ロールなど)は、デンタルスタジオにあるものをお使いください。

もしタービンを落としてヘッドにへこみが見えたら、ヘッドを修理するまで次のステップは避けた方がいい!

このプロセスを正しく理解すれば、古く消耗したタービンを迅速かつ安全に新しいものと交換することが可能です。このガイドでは、歯科用ハンドピース内のタービンを交換する際に必要な手順の概要を説明します。

変更方法 歯科用ハンドピースタービン

ここで購入 交換 高速ハンドピース用タービンローター




1. 必要な道具と材料

適切な専用工具があれば、歯科医療従事者はローター交換やメンテナンスの際、歯科用タービンに適切にアクセスし、分解、洗浄、注油、再組み立てを行うことができます。これにより、タービンの最適な性能と寿命が保証されます。

具体的には 必要な道具 によって異なる。 ハンドピース モデルが必要だが、一般的には

  • ハンドピース修理 タービンローターとOリング付きウェーブワッシャーのキット  
  • トルクレンチ

交換 タービンローターはキットに含まれていなければならない: Oリング そして 波ワッシャー 製造されたとおりに設置され、新しいタービンローターを設置するたびに、製造業者が推奨するとおりに交換しなければならない場合。

歯科用ハンドピースのタービンを安全に交換するために必要な工具。

  • 綿棒 - タービンヘッド内部の清掃や潤滑油の塗布に便利。
  • ソフトブラシ-洗浄中にゴミを優しく払い落とす。
  • タービンレンチ - タービンヘッドの取り付けと取り外し
  • デンタルエクスプローラー - Oリングと波状のワッシャを抜き取り、元に戻す必要がある。

歯科用ハンドピースのクリーニングが重要な理由

適切な洗浄と注油は、歯科用ハンドピースのメンテナンスにおいて非常に重要であり、滅菌を確実にすると同時に、使用間の性能と寿命を最大化するのに役立ちます。メーカーが推奨するベストプラクティスに注意深く従うことで、高速タービンや低速アタッチメントを洗浄する際の投資を保護します。

ハンドピースは、処置後に唾液、血液、残渣を内部に溜め込みますが、二次汚染のリスクや、バイオフィルムの蓄積による内部精密部品の劣化を避けるため、繰り返し使用するうちに完全に洗い流す必要があります。酵素溶液で徹底的にこすり洗いすることで、隙間に入り込んだ有機残留物を分解します。その後、適切に希釈された消毒剤が、ガイドラインが無視された場合に集中的な薬害を受けやすいデリケートな部品を劣化させることなく、水路やギアシャフトに付着したウイルスや細菌を死滅させます。

同様に重要なのは、スプレークーラントやマニュアルオイルによる十分な潤滑が、回転するローターシャフト、ドライブギア、ベアリングに供給され、余分な摩擦による狭いクリアランスの摩耗を防ぎます。圧縮空気湿気フィルターもまた、重要な内部を腐食のない状態に保ち、寿命を最大限に延ばします。

科学的なガイダンスを反映したプロトコルをアップグレードするために適切な時間をハンドハイジーンに費やすことで、機器の管理者は生産性と信頼性を確保し、患者にはあらゆる機会でベストプラクティスが注意深く実施されていることを保証します。ここでの1オンスの予防は、臨床的にも経済的にも、1ポンドの違いを素早く実現します!適切な歯科用ハンドピースのメンテナンスに関連する特定の分野について、さらに詳しく説明することをご希望の場合は、お知らせください。

メリット 

歯科用ハンドピースのタービンを交換することで、多くのメリットが得られます。ハンドピースのタービンを交換することで、器具の作動状態を改善することができます。さらに、新しいタービンは、操作中の振動や騒音を低減し、患者と歯科医の両方により快適な体験をもたらします。最後に、新しいタービンはハンドピースの寿命を延ばし、より効率的に機能させることができます。 

安全上のご注意

歯科用ハンドピースのタービンを交換する際には、多くの安全上の注意が必要です。タービンがホースから抜かれていることを確認することが重要であり、さらに、ゴーグル、フェイスマスク、手袋などの保護具を着用し、破片や鋭利な刃からユーザーを保護する必要があります。

 

タービン修理を始めるための基本キット。
生まれ変わってもりてりてりて生滅の生滅。

6.タービンのバックキャップを外す。 

すべてのタービンは、それ自身の歯科治療目的のための目的地であり、歯科医がこの機器で得ることができる最高の結果を得るために歯科医のために設計されたヘッドの異なる種類があります。

通常、プレスボタンという名前のすべてのバックキャップは、独自のサイズを持っており、それはあなたがあなたのタービンに合う正確なキーが必要になる理由です。私たちの店では、あなたは、サイトのメニューの右のカテゴリでそれを見つけるか、検索バーで検索する必要がありますので、右のいずれかを識別することは非常に簡単です。日本精工 M600L "で検索すると、当店のすべての部品と工具が検索結果に表示されます。キーを選択し、取得のプロセスを完了するだけです。

シロナ製タービンのように、同じモデルでもローター/バックキャップと工具のバージョンが異なるため、タービンのローターとバックキャップのバリエーションが異なるモデルがあります。

キーが使えるようになったら、バックキャップ/プレスボタンを外す必要がある。

 このようにして、歯科用ハンドピースタービンを歯科スタジオで簡単に交換することができます。

7.検査

タービンを取り外したら、摩耗や損傷の兆候がないか注意深く点検することが重要である。場合によっては、タービンが修理不可能なほど損傷している可能性があり、廃棄する必要があるかもしれない。同様に、タービンが過度に摩耗している場合も廃棄し、新しいものと交換する必要がある。

8.クリーニング

新しいタービンを装着する前に、タービンを装着する部位を洗浄することが重 要です。アルコールベースの溶剤を使用し、ハンドピース内に入り込んだゴミや汚染物質を取り除くことができます。さらに、ハンドピースを確実に取り付けるために、柔らかい布でハンドピースの他の部分を注意深く清掃してください。

9.設置方法

ハンドピースの洗浄が終わったら、新しいタービンローターを注意深く取り付 けます。タービンが適切に固定され、ハウジングにしっかりと収まるように、専用の工具を使用してください。さらに、少量の潤滑剤をタービンに塗布することで、よりスムーズな操作が可能になります。

11.ハンドピースカバーの交換

タービンが確認されたら、装置の内部部品を保護するため、ハンドピースカバーとバック キャップを元に戻す必要があります。カバーが確実に装着され、すべてのファスナーが締まっていることを確認するため に、専用の工具を使用してください。

10.タービン設置の確認

新しいタービンが正しく固定され、正しく機能していることを確認す るために、タービンの取り付けを確認する必要があります。これは、ハンドピースを作動させ、異常な音や振動がないかを聞くことで行うことができます。異常が検出された場合は、タービンを再装着し、接続に緩みがないかを確認する必要があります。

12.歯科用ハンドピースタービン交換の最終的な感想

歯科用ハンドピースのタービンを交換するには、専用の工具と、そのプロセスに関する十分な理解が必要です。適切な安全注意事項、材料、指示があれば、迅速かつ安全に作業を完了することが可能です。摩耗したり損傷したタービンを交換することで、ハンドピースの性能を向上させ、寿命を延ばすことができます。

歯科用ハンドピースのタービンを交換するのは難しい作業です。しかし、このガイドに従うことで、古くなったタービンを新しいものに素早く安全に交換することができます。適切な説明書と材料が手元にあれば、歯科医師はハンドピースのタービンを交換するプロセスを安全に完了できるので安心です。歯科用ハンドピースのタービンを交換する方法について、当社の技術者が書いたこの記事がお役に立つことを願っています。

よくある質問歯科用ハンドピースタービンの交換方法

歯科用ハンドピースのタービンは、継続的な使用により時間の経過とともに摩耗し、性能の低下につながります。タービンを交換することで、歯科処置中のハンドピースの効率と効果を回復させることができます。

歯科用ハンドピースは歯科用ハンドピースははははー はーテラクターはー

具体的に必要な工具はハンドピースのモデルによって異なるが、一般的にはハンドピース修理キット、トルクレンチ、交換用タービン、手袋、安全眼鏡、洗浄用品などが必要だろう。

タービンの交換頻度は、使用状況、メンテナンス、ハンドピースの品質などの要因によって異なります。平均して、多忙な歯科診療所では6~12ヶ月ごとにタービンの交換が必要な場合があります。

一般的な兆候としては、切削効率の低下、振動の増加、異音、ハンドピースの性能の顕著な低下などが挙げられます。これらの問題のいずれかに気づいたら、タービンの交換を検討する時期です。

ハンドピース・メーカーまたは信頼できるサプライヤーが推奨する交換用タービンを使用するのが最善です。互換性のある純正部品を使用することで、最適な性能を保証し、ハンドピースへの潜在的な損傷を防ぎます。

絶対に。ハンドピースが適切に滅菌され、空気および水ラインから切り離されていることを確認してください。適切な保護具を着用し、交換を試みる前にメーカーの説明書をよく読んでください。

はい、メーカーのガイドラインに従って新しいタービンを滅菌することができます。歯科治療中の二次汚染を防ぐために、適切な衛生状態を維持することが重要です。

製造者の指示に順を追って注意深く従ってください。過度な力を加えないようにし、適切な工具を使用し、ハンドピースを損傷するリスクを最小限に抑えるため、清潔で整理された環境で作業してください。

ハンドピースタービンへの注油は、製造元の推奨に従って行うことが重要です。適切な注油はスムーズな操作を保証し、タービンの寿命を延ばします。一般的には、毎回の使用前または指示通りに行ってください。

疑問がある場合は、歯科機器のメンテナンスを専門とする専門家に相談するか、ハンドピースメーカーに問い合わせることをお勧めします。




コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です